アニメやラノベ、漫画、ゲームから声優、映画など趣味の情報をまとめて2次元自堕落生活を満喫するブログ。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

アニメ 映画

『ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜』感想。「ハードとソフトの対立」

投稿日:

 3月18日より公開されたひるね姫。

 キャスト陣に俳優や女優使った瞬間にアニメーション映画ってテレビで宣伝されやすくなるよね。と、愚痴を一つ挟んでおいて。

 今年入ってからオリジナルアニメーション映画ってこれが初めてではないのかな?

 今年ももう、映画に9回目。

 今回はこのひるね姫についてまとめていく。【ネタバレなし】

スポンサーリンク

あらすじ

 東京オリンピックが迫る2020年の夏。物語の主人公はいたって平凡な女子高生。特技といえばどこでも眠れることくらい。そんな彼女が、最近不思議と同じ夢を見るようになる。時を同じくして、現実が歪み始め、その秘密が自分の夢にあることに気付く。事件を解決するためココネは東京まで旅をすることになるのだが、それは彼女にとって思いがけず、知らない“ ワタシ” を見つける旅でもあった。今より少し先の未来を舞台に、夢と現実をスリリングに行き来するロードムービーが誕生した。

 ココネを演じるのは連続テレビ小説『とと姉ちゃん』のヒロインほか多くのドラマ、映画で注目される女優の高畑充希。彼女にとって今回がアニメーション映画初参加となる。その他、満島真之介、古田新太、釘宮理恵、高木渉、前野朋哉、清水理沙、高橋英樹、江口洋介といった実力派が揃った。また、本作は、「AI」「ネットワーク」「未来への願い」と、これまで神山監督が描いてきたさまざまなモチーフも重要な要素として盛り込まれている。その点で、本作は神山監督のキャリアの集大成でもあるのだ。主題歌はかの名曲「デイ・ドリーム・ビリーバー」。“ 夢” と“ 去った人への想い” をうたったこの曲を、高畑充希が主人公・森川ココネとして歌う。

 アニメーションは今、何を描くべきか。『ひるね姫』は、夢を通じてとても身近な世界に注目することで、不透明な時代の中で生きる観客の背中をそっと押してくれる作品なのだ。

 

2020年夏東京オリンピックの3日前、私の家族に事件が起きた。

すべてを知るために、私は眠る。

 岡山県倉敷市で父親と二人暮らしをしている森川ココネ。何の取り得も無い平凡な女子高生の彼女は、ついつい居眠りばかり。そんな彼女は最近、不思議なことに同じ夢ばかり見るようになる。

 進路のこと、友達のこと、家族のこと…考えなければいけないことがたくさんある彼女は寝てばかりもいられない。無口で無愛想なココネの父親は、そんな彼女の様子を知ってか知らずか、自動車の改造にばかり明け暮れている。

 2020年、東京オリンピックの3日前。突然父親が警察に逮捕され東京に連行される。どうしようもない父親ではあるが、そこまでの悪事を働いたとはどうしても思えない。ココネは次々と浮かび上がる謎を解決しようと、おさななじみの大学生モリオを連れて東京に向かう決意をする。その途上、彼女はいつも自分が見ている夢にこそ、事態を解決する鍵があることに気づく。

 ココネは夢と現実をまたいだ不思議な旅に出る。その大きな冒険の末に見つけた、小さな真実とは…。

登場人物

・森川ココネ CV.高畑充希

 現実世界の姿。

 岡山で父親と二人暮らしの女子高生。

 昼寝をしては不思議な夢をみている。

 勉強は苦手だけど父親思いの活発な女の子。

 

・エンシェン CV.高畑充希

 夢の世界。

 機械づくりの国、ハートランドの姫。

 ハートランド王の娘でモノや機械に命を与える魔法を使える。

 魔法の力で鬼を倒そうと考える。

 

・佐渡モリオ CV.満島真之介

 ココネより2歳年上の幼馴染。

 SNSのアプリを自作でプログラムしたりもできる理系オタク。

 素数が好き。

 

・森川モモタロー CV.江口洋介

 ココネの父親。男気ある元ヤンキー。早くに妻を亡くしており、ココネとはほとんど会話がない。岡山県倉敷市の児島・下津井で小さな自動車修理工場を営んでいるが、商売はそっちのけで毎日車の改造ばかり。

 

・ピーチ CV.江口洋介

 ハートランドで働くエンジニア。鬼に襲撃された際、エンシェンと出会い彼女と共に行動する。

 

・ジョイ CV.釘宮理恵

 現実世界:ココネが肌身離さず持ち歩く、柴犬のぬいぐるみ。

 夢の世界:エンシェンが魔法で生み出した仲間。

 

・渡辺一郎 CV.古田新太

 志島自動車の取締役。志島自動車を乗っ取ろうと企み、モモタローが隠したタブレットを奪おうと躍起になっている。

 

・ベワン CV.古田新太

 ハートランド王の家臣。裏で王座を奪おうと企んでいる。

 

・志島一心 CV.高橋英樹

 巨大自動車会社「志島自動車」の会長。

 

・ハートランド王 CV.高橋英樹

 機械こそが人々を幸せにすると信じるハートランド王国の王様。

 鬼を倒そうとする。

 

・スタッフ

原作・監督・脚本:神山健治

アニメーション制作:シグナル・エムディ


 

「ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜」公式サイト

「ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜」公式Twitter

 

 
感想

 まず、この作品がSFメインだということにで見る必要がある。だから、物語の整合性を保とうと見たときに、なぜここでこうなる。どうしてロボットが出てきた。っていうことが気になる人にはあまり向かない作品だろう。

 それと、夢と現実の境目と互いの干渉が明確ではないから、一部ついていけない場面があった。夢遊病って認識でOK?一番最後のシーンでも、なんでそこにいるんだ、お前寝てたのか?となった。あと、あのぬいぐるみって祖父が母親に渡したという認識でいいの?夢世界ではそういう設定なはずなんだけど……。

 個人的意見としては序盤の掴みはかなり良かったのだがそれに比べ、中盤後半部分が理解が追い付かない感じであった。ただ、エンディングは中後半の補完もされており、内容としてもいいものであった。(エンディングのテスト走行?みたいなところで母親事故ったと考えていいのかな?あのシーン父親の表情がどことなく暗かったし)

 話から得られることとして、一番最初の夢世界シーンで「人は機械を作る仕事に……」から始まり、仕事中の首にカギがかけられる描写、会社の意向とそぐわない場合の罰則規定。これは現実社会(ネットではトヨタとか言われているけど)での問題をコミカルに表していると思う。だからこの序盤シーンで用いられていた、社会問題を悲愴に描かず滑稽に描いていることはかなり好印象を受けた。

 全体を通して得られることは人によって違うだろう。人によっては親子愛に視点を置いてみている人もいるかもしれないが、個人的にはハードVSソフトの問題提起であると考えてみていた。まず、事前情報として人工知能が車を動かす話というのを聞いていたからてっきりAIの危険性などが中心の話なのかな?と思って劇場に足を運んだが、ふたを開けてみればその逆で『ハード保守に対する批判と、AI発展の重要性』が主題であったのだ。まず現実世界では機械としての自動車に重きを置く祖父である志島会長とAIによる自動運転を主張する母親の対立。夢世界における機械保守と魔法排斥。といった対立によってそれが描かれていた。だから、今後見に行く人はハードを専門に扱う人と、ソフトを専門に扱う人が一緒に見に行けばなかなか面白いかもしれない。

 最後に、キャスト陣は俳優女優を適当に引っ張ってきてる感じがしたけど、取り立てて棒批判するほどではなかったかな?まぁ、岡山の方に知り合いがいるせいか方言はなんか言い表せ辛いけど違うような……。という感覚だったが。ただ、鑑賞した人はわかるかもしれないが、なんでエンシェンのキャスティングがこうなったかは謎。

 この映画は、SFが好きな人、機械や人工知能などに興味がある人は一度みてみるといいと思う。


スポンサーリンク



スポンサーリンク



-アニメ, 映画
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

「NEW GAME!2」制作決定!!!

「NEW GAME!」ファン感謝イベント〜Next Level〜!昼の部のラストで発表!! NEW GAME第2期制作決定!! *:.。.:*゜「NEW GAME!」第2期制作決定!゜*:.。.:* …

『追憶』感想。「家族のかたち。家族の意味」

 本作品は『駅 STATION』、『あ・うん』、『鉄道員(ぽっぽや)』など日本映画の名作を送り出してきた監督・降旗康男と撮影・木村大作が2007年の『憑神』より9年ぶりにタッグを組んだ作品。  4月公 …

『ちょっと今から仕事やめてくる』感想・原作との相違点「社会に不安がある若者は、涙なしには見られない作品」

3週間ぶりの映画となった『ちょっと今から仕事やめてくる』 この作品を知った経緯としては、やっぱり題名であろう。 趣味の中に映画も含まれているので、ミニシアターまで完全に網羅はしていないが、基本的に公開 …

「亜人ちゃんは語りたい」:第12話「亜人ちゃんは泳ぎたい」まとめ・感想。「優しい、優しい水着回」

 ついに最終回……。今季アニメもだいたい終わってしまったな……。あと残ってるのってメイドラゴンとバンドリくらいか。  教育についても考えさせられながらも優しい世界を見ることができた。この優しい世界がつ …

『エロマンガ先生』第3話「全裸の館と堕落の主(あるじ)」まとめ、感想。「OK!兄さんたちに任せろ!」

 紗霧ちゃんのかわいさがアニメ本編のみならずOPEDのダンスですら有名になっているこのエロマンガ先生。  OPの部屋で踊ってたら正宗にばれた時の反応、そしてEDのパンツ洗っているときのダンス。最高です …

関連コンテンツ

オススメ記事

検索タイトル

サイト内検索はこちら↓

サイト内検索はこちら

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

主にアニメやラノベ、漫画、ゲームから声優、映画など趣味の情報を主観100%でまとめて2次元自堕落生活を満喫するブログ。
我のリアルは二次元にあり。