アニメやラノベ、漫画、ゲームから声優、映画など趣味の情報をまとめて2次元自堕落生活を満喫するブログ。

アニメ

「けものフレンズ」:第6話「へいげん」まとめ、感想。「フレンズによって得意なことは違うから!(2回目)」

投稿日:

 最終回前に全話復習するよ!!

 11話終了後からみたらどういう景色が見えるか……。

 大人気のハシビロコウ登場です!!

スポンサーリンク

あらすじ

 武器のようなモノを手にしたフレンズたちに遭遇した一行。

 なぜかボスであるライオンの下へ連行されることに。

 どうやらヘラジカ軍団との縄張り争いに巻き込まれちゃったらしく…!

登場人物

・かばん CV.内田彩

 名前が思い出せないやー!

 遊びを開発するのも得意!

 

・サーバル CV.尾崎由香

 サーバルキャットのサーバルだよ!

 サーバルジャンプ!

 

・漫画

漫画「けものフレンズ-ようこそジャパリパークへ!-」(原作原案:けものフレンズプロジェクト、作画:フライ、出版社:KADOKAWA)

 

・スタッフ

≪監督≫たつき(てさぐれ!部活もの)

≪脚本≫田辺茂範(代表作:団地ともおなど)

≪アニメーション制作≫ヤオヨロズ(てさぐれ!部活ものなど)

 

・音楽

OP:「ようこそジャパリパークへ」

アーティスト:どうぶつビスケッツ×PPP(どうぶつビスケッツ:サーバル(CV.尾崎由香)アライグマ(CV.小野早稀)フェネック(CV.本宮佳奈)、PPP:ロイヤルペンギン(CV.佐々木未来)コウテイペンギン(CV.根本流風)ジェンツーペンギン(CV.田村響華)イワトビペンギン(CV.相羽あいな)フンボルトペンギン(CV.築田行子))

ED:「ぼくのフレンズ」

アーティスト:みゆはん

・放送情報

テレビ東京:毎週月曜25時35分~

テレビ大阪:毎週月曜25時35分~

テレビ愛知:毎週月曜27時05分~

AT-X:毎週火曜24時30分~

dアニメストア:毎週木曜12時00分~


 

「けものフレンズ」公式サイト

「けものフレンズ RADIO」公式サイト

 

まとめ

 オーロックスとアラビアオリックス

 

 「西、東、どっから来たんだ」

 「敵だった場合ここで倒す」

 「おい、おまえ、どっちだ」

 「サバンナからだよ」

 「サバンナ。サバンナってどっちだ?」

 サーバルの危機回避能力。この返答があとでまたすごさがわかる。

 

 ライオン

 

 「変なものに乗って、なわばりに入ってきました」

 「どこから来た」

 「湖のほうだよ」

 「何しに平原へ?」

 「図書館に行く途中なんだ。ここのとなりなんでしょ?」

 「生まれは?」

 「サバンナだよ」

 「お前は」

 「ぼ、ぼくは……僕もサバンナ?」

 西か東かという問いにはサバンナと答えて危機を回避して、ライオンからの問いかけには湖のほうから来たと返事する。質問者をみて解答を変えているんだな。

 

 「私が処分する。下がれ」

 真っ青になった!!

 「た、た、た、た、た、食べるなら僕を……」

 ここでサーバルちゃんを守る発言をしたかばんちゃん。これが11話につながっているのだろうか?

 

 

 「つかれたつかれたー。きみたちもらくにしなよー。いやーめんごめんごーちょうど来週合戦でね。へいげんちほーはうちとヘラジカたちで縄張り争いをしててね。でも私ってそういうタイプじゃなくてね。お外でごろごろしてたいなー」

 「やめちゃったら~」

 「やめようっていってんだけど~」

 二人とも爪を研いでいるのいいな。さすがネコ科

 

 「かばんちゃん。なにかある?」

 「なにか……違う形で勝負してみるとかどうでしょう?たとえば、こういう危なくないもので。これが割れたら負けちゃったーとかで」

 「いいねー!きみ、おもしろいなー!」

 ここでも活躍するかばんちゃんの知恵。

 

 オオアルマジロ

 ヘラジカ

 アフリカタテガミヤマアラシ

 シロサイ

 

 「どうしてこんなことに……」

 なぜそうなってるw

 

 「君たちヘラジカを勝たせてくれよ~」

 完全なる八百長w

 

 ハシビロコウ

 キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

 

 まさかのガチンコ。

 

 サーバルジャンプ!!

 「みゃみゃみゃみゃみゃみゃ、みゃー!!

 「てやー!!!サイサイサイサイサイサーイ!マチナサーイ!思いですわ……」

 パン。

 サーバルが勝った!強い!慈悲はない。久しぶりにサーバルジャンプが見られたよ。

 

 パンサーカメレオン

 

 「うぇぇえええええ」

 「うわぁぁああ、え、えい!」

 「勝者カバン、です」

 なんて優しい戦いなんだ。

 

 「拙者、体を透明にして景色に溶け込めるです」

 「えぇ!じゃあ最初から透明になっておけば」

 「その手があったござるか!」

 かばんちゃんってよく初見でいろんな方法思いつくよな。すごーい!

 

 「わわわわわわわ、わ、あ」

 ずっとそこでいたのかよw

 あいつらもボスのことは見慣れてて敵認定はしなかったんだろうな。

 

 『ネコ科の中で唯一群れを作って…その群れ「プライド」って名前がついておりまして、狩りも力を合わせて行っておりまして。一頭が獲物を見つけると獲物を囲むようにどんどん距離を縮めていくんですね。何頭かでおおいかけて、もう何頭か待ち伏せをするような形で、そっちへ追い込んでいってしとめるって感じ。他のネコ科の動物と違って、チームワークのいい狩りを行います』

 

 『オスだけなんですけど、角の形がへら状になってるんですね。体長は2m50~3mくらい。肩の高さが2mくらい。鹿の仲間で一番大きい種類ですね。シベリアヘラジカは角が枝状になっていて、実はへら状にはならないんですね。性格はですね、発情期になるとかなり怖いですけど、それ以外はとても優しいおとなしいですね。人になれさえすれば結構人を信頼してくれる感じですね』

 

 「じーーーーーー」

 

 ソフトクリームとなんの旗だ?

 

 

 「私たち守りに徹するとこんなに頑丈だったんだ」

 なんで今まで気づかなかったんだろ?動物だった時の記憶からわかるんじゃないのかな?

 

 「みてきたでござる。見張り一人だったでござる」

 これ最強キャラだろ絶対。フレンズによって得意なことは違うから!

 

 ニホンツキノワグマ

 

 「やぁやぁ私はヘラジカだいざしょうぶでござる」

 あ。だめな子だこれ。

 

 「今回、とても忍びっぽいでござる」

 ブサッ

 「あっ」

 詰めが甘かったなw

 

 「隙だらけだぞ、ここかしとめる!

 「ごめんよそこまでやるつもりじゃ」

 「やばいよやばいよ。頭ひっつけなきゃ」

 「やべえよ……へらじか、やべえよ」

 これは軽いホラーだww

 

 ここも野生開放かな?

 

 「ひ、引き分け!」

 

 「そうですね、手を使わずに、これを足でけって遊ぶ……とか」

 す、すごい。サッカーの歴史ぶっ飛ばしてサッカーを発案したぞかばんちゃん……。それとも蹴鞠感覚で言ってたのか?

 

 「あなた。もしかして、人?」

 ハシビロコウちゃん人を知っているのか!!

 もしかしなくて人です!

 

 「ラッキービーストが反応してたなぁ!」

 「それ、それなのだ!アライさんにも聞かせるのだ!」

 「それって」

 「うわぁ!」

 ここでスナネコとツチノコはかばんちゃんの帽子についている奴だと気づいたんだな。

 

 ↓ニコニコ動画1話いつのまにか400万再生余裕で達成なんだね!すごーい!わーい!

 

 最終回直前一挙放送もニコニコに伝説を残している。

 
感想

 かばんちゃんの遊びの考案が人間が開発してきた歴史をぶっ飛ばしていろんなもの開発しているよな。

 見返しをしていたら野生開放しているシーンが何個かあって何度も楽しめる。

 ハシビロコウちゃんついにキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

 フレンズの知性レベルってどういう基準で決めているんだろう?


スポンサーリンク



スポンサーリンク



-アニメ
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

『2018年夏アニメ私的おすすめアニメ14選』

2018年春アニメも終わり2018年夏アニメが始まろうとしている。 春アニメはウマ娘というリアルダークホースアニメがあったが、今回の夏アニメではどのようなアニメが覇権を取るのか!? オススメポイントは …

「政宗くんのリベンジ」第8話「君じゃないんだ」まとめ・感想。「縛るのか?本懐ルートか?無視される愛姫様」

 今季アニメの中でもかなりお気に入りの政宗くんのリベンジ!!  7話は水着回数少なかった(´・ω・`)  愛姫様と少しは良くなってきた?と思われる関係は今後どうなるのか?  今回はどのくらい吉乃が登場 …

no image

「セイレン」:第10話「桃乃今日子 オサガリ」まとめ・感想。「常木さんはホタテがお気に入り。今日子は下着を寄付」

 「キミキス」「アマガミ」のキャラクターデザイン等、多くのゲーム作品に携わってきた高山箕犀(たかやま きさい)によるオリジナルアニメ。  「アマガミ」から9年後の世界となっており、同様にオムニバス形式 …

アニメ好きが危惧する『二度目の人生は異世界で』騒動。ヘイトと小説の表現の自由。声優降板は必要だったのか?

アニメ化が発表された『二度目の人生は異世界で』というなろう系作品の作者の過去のツイートが炎上し、原作者は謝罪後Twitterを削除。主要声優が相次ぎ降板を発表し、アニメ化中止かつ原作小説の出荷停止が発 …

「この素晴らしい世界に祝福を!2」:第8話「この痛々しい街で観光を!」まとめ、感想。「アクシズ教徒は頭おかしい」

 安定した面白さを提供し続けるこのすば!  ダクネスの運命はどうなったんだ!?  アクシズ教徒が出てくるらしいが、頭のおかしさが如何ほどか見てみよう。  さぁ、エクスプロージョン! ・目次 1.あらす …

関連コンテンツ

オススメ記事

検索タイトル

サイト内検索はこちら↓

サイト内検索はこちら