アニメやラノベ、漫画、ゲームから声優、映画など趣味の情報をまとめて2次元自堕落生活を満喫するブログ。

アニメ

『ロクでなし魔術講師と禁忌教典』第12話「見つけた居場所」まとめ、感想。「花嫁は攫うもの。ドレスは破るもの」

投稿日:

 ついに最終回を迎えてしまったロクでなし魔術講師と禁忌教典(アカシックレコード)

 うわぁぁぁぁぁあああああああああ!!!!!!終わってしまう!!!!

 第1話放送前は、あー。漢字四字をカタカナ読みさせるラノベね。主人公が弱かったりするけど最強なやつね、わかりますはい。って感じでどうせ超王道ラノベアニメでしょ~。と高を括っていたら、まさかこんな作品だったなんて!

 王道は王道なのだけれども、なぜここまで人気が出たのだろうか?いや、なぜ、自分はこの作品を好きになったのだろうか?

 おそらく、王道の中に王道ではない部分があるからだろうと思う。まずヒロインたち。無条件で主人公を好きになるヒロインではなかったところ。そして、最強すぎないところ。ヒロインたちも超最強ってわけでもないし、主人公のグレンもさすおに、キリト、そげぶ、とどこぞの電撃文庫キャラ並みの最強性を持っていないところだろう。

 さぁ、そんな大人気の中ついに来てしまった最終回。あぁ、最終回。今回は珍しくルミアが捕まらず、システィが捕まった(?)ような感じになってしまい12話を迎えることとなった。どんな最終回になるのか、期待です!

スポンサーリンク

あらすじ

魔術嫌いの魔術講師が繰り広げる、ひねくれヒロイックファンタジー!

 魔術と科学がともに発展した世界――ルヴァフォース。

 魔導大国・アルザーノ帝国の南部に位置する「アルザーノ帝国魔術学院」はこの世界で最先端の魔術を学べる最高峰の学び舎である。

 およそ四百年の歴史を有するこの学院は魔術の道を志す全ての者の憧れであり、学院の講師や学生たちも自身がその輩であることに誇りを抱いている。

 この由緒正しき学院に突如として赴任して来た非常勤講師、グレン=レーダス

 「お前らに、本当の魔術ってもんを教えてやるよ

 《ロクでなし》と呼ばれるこの男の破天荒な授業が、今はじまる。

 

・第12話

 システィーナとレオスの結婚式の準備が始まった。ルミアは姿を消したグレンが戻って来ることを信じていたが、音沙汰もないまま結婚式当日を迎えてしまう。

登場人物

・グレン=レーダス CV. 斉藤壮馬

 アルザーノ帝国魔術学院二年次生二組の担任。授業はいい加減でやる気ゼロ、魔術は三流のロクでなし非常勤講師。遅刻と昼寝を繰り返し、その度にまじめなシスティーナからお説教を受けている。
 だが生徒の身に危険が迫ったとき、彼の真の力が発揮される……?

 

・システィーナ=フィーベル CV. 藤田茜

 アルザーノ帝国魔術学院二年次生二組の生徒。
 偉大な魔術師であった祖父の遺志を継ぐべく勉学に励む優等生。
 銀髪の彼女を「白猫」と呼ぶいい加減な性格のグレンい反発しているが、同級生で親友のルミアが可愛がられると悔しがったりもする。

 

・ルミア=ティンジェル CV. 宮本侑芽

 アルザーノ帝国魔術学院二年次生二組の生徒。
 わけあって親友のシスティーナの家に居候をしている。
 清楚で心優しい性格だが芯の強さを見せることもあり、グレンとシスティーナの間を取り持つ大人な一面もある。

 

・リィエル・レイフォード CV. 小澤亜李

 帝国宮廷魔導士団特務分室所属の魔導士で、コードネームは《戦車》
 幼い見た目に反して、錬金術で作り出した大剣を振り回す猪突猛進の脳筋戦士。
 とある任務で紅蓮の担任クラスに編入生としてやってくる。

 

・原作

 小説『ロクでなし魔術講師と禁忌教典(アカシックレコード)』(作者:羊太郎、イラスト:三嶋くろね、レーベル:富士見ファンタジア文庫)

・スタッフ

≪監督≫和ト湊(初監督)
≪脚本≫待田堂子(代表作:らき☆すたなど)
≪アニメーション制作≫ライデンフィルム(アルスラーン戦記など)

 

・音楽

OP:「Blow out」

アーティスト:鈴木このみ

ED:「Precious You☆」

アーティスト:システィーナ=フィーベル(CV:藤田 茜)、ルミア=ティンジェル(CV:宮本侑芽)、リィエル=レイフォード(CV:小澤亜李)

・放送情報

・テレビ放送

AT-X:4月4日より毎週火曜20時30分~
TOKYO MX:4月4日より毎週火曜24時30分~
MBS:4月4日より毎週火曜26時30分~
テレビ愛知:4月4日より毎週火曜25時35分~
BS11:4月5日より毎週水曜24時00分~

・ネット配信

AbemaTV:4月11日より毎週火曜23時30分~
dアニメストア:4月5日より毎週水曜12時00分~
ニコニコ動画:4月8日より毎週土曜24時00分~(最新話無料)


 

TVアニメ「ロクでなし魔術講師と禁忌教典(アカシックレコード)」公式サイト

TVアニメ「ロクでなし魔術講師と禁忌教典(アカシックレコード)」公式Twitter

「システィ&ルミアの禁忌通信(アカシックレディオ)」公式サイト

 

まとめ

 あれ?システィ自宅?

 

 「まぁいい。賢い女ならわかるだろ。君に拒否権はない」

 あぁ……こういう同人詩嫌いな奴だ~。こういうの無理。

 

 「おい。聞いたか」

 「システィーナ。レオス先生のプロポーズ受けたって」

 「式は1週間後だよ。ずいぶん急よね」

 「もともと許嫁だったんだし、そう騒ぐこともないだろう。それより、グレン先生が決闘に来ないって正直失望したよ」

 「システィーナ!」

 眼鏡くん無視されたwwwww

 そして最終回にOPがないアニメは……

 

 「親友が突然こんなことになってあなたは納得しているんですの?」

 「それは……」

 (毎回捕まっていたのに、今回は捕まらず)親友が突然こんなことになってあなたは納得しているんですの?

 ってことかな?最終回に向けてルミアが珍しく捕まらなかったという……

 

 「ルミア、あいつ切っていい?」

 「え?」

 「よくわからないけど、あいつはきっと、敵!!」

 「ダメ!!」

 「ルミア」

 「ダメだよ」

 「でも」

 切ってしまえ!!あいつは敵だ!!俺の目がそう言っている!!

 

 (あの日あたしは、帰ってきたシスティを問い詰めましたが、レオスと結婚するの一点張りで)

 「私のことは放っておいて!」

 「システィ」

 (トントントン

 「だれだようっせえな。……ルミア」

 「先生!システィがこのままじゃ」

 (先生には私が知りうる限りのことを伝えました。すると)

 「任せろ」

 (その後、リィエルのもとへ行き、絶対にルミアから離れるなとい姿を消してしまったのです)

 あ、ルミアの頭ポンポンしたい。(論点違う

 

 ルミア大天使様。

 

 「ルミア。リィエル」

 「システィ、綺麗」

 「いいな、そのひらひらの服。戦いにくそうだけど、私も着たい」

 「大丈夫、きっといつか着られる日が来るよ」

 「ねぇシスティ」

 「もうすぐ式が始まるから先にいってて」

 「システィ……」

 うぉお……本当に結婚するんだ……

 時々あるよね、望まぬ結婚式みたいな。アニメ化された作品でこういう描写あるのあったっけ?このすばとかは3期4期と続けばどこかであるはずだけど……、うぅ、思い出せねえ。

 ルミアには俺が着せてあげるから安心しな。

 

 「花婿側の列席者が一人もいないなんてどういうことですの?」

 システィ側も親が来てないの気になるんだけどなぁ……

 まだ向こうにいるの?娘の結婚とかなったら何が何でも飛んで帰ってきそうな親じゃん。ていうか、絶対母親の目が開眼してレオスぶっ殺しそうなのに

 

 「では、誓いのキスを」

 うわぁぁぁぁぁあああああああああ!!!!!!

 

 「ちょっと待ったぁぁああああああああああ!!!!!この婚儀に異議ありだ、俺はこの結婚に大反対。レオス!てめえごときに白猫は渡せねえよ!」

 「よっしゃ!」

 「「「やった!」」」

 「やりましたわ」

 「ルミアを頼むぞ!」

 「任せて」

 「先生」

 「ふんっ、あばよ!」

 キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

 先生の完璧な登場!これは見計らっていましたねえ。

 やった!!!

 生徒たちもみんなこの展開を望んでいたみたいだし

 

 「あなたなんか大嫌いなの。私はレオスと結婚するの。そうしないと」

 「やっぱりな。ルミアを盾に脅されたんだろ。どうせそんなとこだと思ったぜ」

 「今までどこで何をしていたんですか。私……私……」

 泣き顔システィ

 

 「まるで別人のように冷たくて、怖かった」

 「まるで別人?」

 お?本当に別人落ち?

 

 「末期中毒者、なんでここで天使の塵が出てくる」

 「せんせ……」

 がっこうぐらしが始まった!?!?

 

 「待たせたな」

 このおっさんかっけえな。傭兵にしたいwww

 

 「あいつらは主人の命令に盲目的に従う死人同然の人形だ」

 がっこうぐらしのゾンビ化の原因は天使の塵だった!?

 

 グレン先生強いじゃん。

 

 うわぁぁぁぁぁあああああああああ!!!!!!セラァァァァァァアアアアアアアアア!!!!

 

 「こ、こわい」

 「白猫!後ろだ!!クソが!!」

 「あ、あぁ……」

 「白猫、大丈夫か?」

 「触らないで!!」

 「俺が怖いのか。白猫……すまん」

 「私は……その」

 グレンを怖がってしまうシスティ。

 魔術というものに対し、人殺しという感覚をあまり持ち合わせていないからな、システィは。

 

 「あいつはレオスじゃねえ。元帝国宮廷魔導士団の執行官ナンバー11。正義・ジャティスロウファンだ」

 「生きてたのか。とでも言いたそうな顔だね」

 「レオスは……どこ?」

 「あぁ、レオスね。薬の投与によって僕の思い通りに動いてくれたあと、死んだよ。天使の塵を投与された時点で人としては死んだも同然なんだけど、ちょうど魔道兵団戦が終わった直後だったかな~」

 えぇ!?レオス死んだのか!?ロクアカって結構簡単に人死ぬよな。ズドンさんから始まり…… メインキャラは殺さないけど一つのストーリーに登場するキャラクターは簡単に死んでしまう気がするw

 

 目の描写に力が入っていますね。

 目で語る。ということを体現している感じがする。

 

 「アカシックレコードが手に入れば」

 「アカシックレコード?」

 「あぁ、世界のすべての理を支配する力の存在。僕はそれを手に入れるんだ。ただあの力は絶対的人間が持つべきもの」

 タイトルキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

 しかしアカシックレコードよくわからねえ……

 

 「先生のこと、別世界の人だと思ってしまった。拒絶してしまった。先生はいつも私たちのために命を懸けて戦ってくれていたのに。私のバカ、なんであんなことを。このままじゃ先生はどこかに行ってしまう。でも、今の私に何ができるっていうの?どうしたら!」

 システィは毎度毎度悩むな~。

 けど成長はしている。

 一番最初は急転直下、同人誌でも見ない展開でズドンさんの手の内になろうとしていたが、その次はルミア回でほぼのけものフレンズになってて、前回はリィエルと対峙した時にまだ戦おうとする意志と、みなを止める働きを持っていた。そして今回。

 この1クールを通じてシスティの成長というものはしっかりと感じ取れる気がする。

 あ、あとズドンさん再登場おめでとうございます

 

 グレンめっちゃいろいろ使えてるじゃん。

 

 !?

 「間に合った……」

 「白猫!お前!」

 システィキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

 本当に成長しておるぞ!!!

 

 「馬鹿野郎!ここはお前がいていい世界じゃない!」

 「そう、そして先生がいていい世界じゃないわ。私は先生を連れ戻しに来たの。先生言いましたよね?ルミアを守るために力が必要だって、ルミアは私にとってかけがえのない人。それに、あなたもそう!怖いあなたも、普段のロクでなしのあなたも、どちらもあなたという人間。かけがえのない人であるのは間違いない!だから!私たちのそばにいてよ!どこにもいかないで!」

 目が戻った!!

 この12話を通じてシスティが得たものというのはこのセリフなんだろうな。

 

 悪者、というか、それに準ずる人の目は小さくなるという法則でもあるのかな?

 

 「約束するぜ。刺し違えてもあいつを倒してお前だけは無事みんなのところに届けて見せる」

 「その約束受けかねるわね。二人で一緒にみんなのところに戻るの。そういう約束なら受けるわ」

 「頼りにしてるぜ、システィーナ」

 「やっと、私の名前をまともに呼んでくれたわね」

 グレンが名前をまともに呼んだ人は……

 

 「集え暴風・戦鎚となりて・撃ち据えよ!」

 「僕とグレンの戦いの邪魔をするな!!」

 「大気の壁よ・二重となりて・我らを守れ!」

 「即興改変!?」

 「颪の風浪よ・我をその背に・疾く激しく駆けよ!」

 「うぉぉぉぉおおおおおお!!!!」

 システィ強すぎ!!

 そしてすごいパーンチ!

 

 「こい!僕の奥底に眠る正義の具現!僕だけの神よ!正義の神よ!我が正義に牙をむく邪悪を駆逐せよ!レディジャスティスユースティア!あははははは、あははははは」

 「大いなる息吹よ!」

 「なん……だと!?コール!コール!コール!」

 「なめんなぁぁぁぁぁぁああああああああああああああああ!」

 いや、正義の神さん弱すぎだろ!中二病全開だなw

 

 刺してからシスティのもとに行けよw

 そしてEDはまたなし……

 EDって半分くらいしか流れてないんじゃね

 

 システィがヒロインだった!?

 

 「すまん、ジャティスのやつを取り逃がしてしまって」

 「謝ることはない。はなからお前にたのんだ覚えはないからな」

 「あの野郎、相変わらずふざけたことを抜かしていたが一月になることがある」

 『世界のすべての理を支配する力の存在。それがアカシックレコードだよ』

 「それを手に入れようとしていたんだ」

 「アカシックレコードか……」

 アルベルトさんはアカシックレコード知ってるのか?

 

 お?2期フラグ??

 

 ハロウィン先輩かハーレム先輩かキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

 

 でた!必要な時にいない無能セリカさん!!

 

 『魔王は魔法使いに尋ねます。「一体なんだ?何がお前にそこまでさせるんだ?どうしてそこまでできる?私にはお前が全く理解できない」すると魔法使いは言いました。「簡単だよ魔王。僕には守りたいもの、守るべきものがあるんだ」それを想えば自然と体の底から無限の力が湧いてくるんだ。何度だって立ち上がれるんだ』

 セラさんキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

 

 「よーしそんじゃ、授業を始めるぞ!」

 おわってしまったぁぁぁぁぁぁああああああああああああ

 

 エンドカード2枚!!豪華だ!

 

 
感想

 物語もしっかりと完結して、なおかつ2期のフラグも残しつつ終わりましたね。王道的な始まりから王道的な終わりを迎えた!

 ルミアがメインヒロインだと思っていたけど、最終回はシスティがメインヒロインだった!?と再確認してしまったw

 あとあのNo.11さん雑魚くね?学生の魔法でなんか俺の神だ!っての打ち破られているし。それだけシスティが強いのかな?リバイブライフもできてたとかいう感じだったし。

 アカシックレコードについては全然わからなかったから2期やってほしいなあ。

 このロクアカは俺TUEEEE系+ヒロイン惚れ惚れ系ではなかったのがよかったとおもう。先生強いんだけど、超TUEEEってわけではなく、しっかり負けることも出てくる(電撃文庫作品は主人公が負ける様子があまり描かれないし、負けたとしても、まぁ、俺弱いから的な感じで終えてしまっている)、その上ルミアとか完全に先生に惚れそうな立ち位置だけど惚れているわけではないし、システィもメロメロ状態じゃない。そういう部分がストーリーに変なブレーキをかけずにすっと受け入れることができたところだと思う。

 この作品は劇場化というより、2期をしっかりとしてほしいと思う。


スポンサーリンク



スポンサーリンク



-アニメ
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

「亜人ちゃんは語りたい」:第5話「雪女ちゃんは冷たい」まとめ・感想。「JKの汗をお持ち帰り!?」

 亜人ちゃんは語りたいは日常を描きながらも亜人という個性を用いて現在の教育問題にも通じることを表現していると思う。様々な問題が騒がれる昨今、教育関係を志すものまたはそこに身を置く人たちはこの作品から学 …

「ガヴリールドロップアウト」:第12話「ガヴリールドロップアウト!」まとめ・感想。「ゼルエル姉さんの対処法と弱点」原作者、声優のツイートも掲載。

 あぁ、ついに最終回だ。  今季の日常アニメの中ではトップといっても過言ではないだろう。  日常アニメが最終回を迎えるときの虚無感は何事にも代えがたい……。  最終回は姉が登場する!最後までガヴドロを …

『ロクでなし魔術講師と禁忌教典』第3話「愚者と死神」まとめ、感想、用語解説付き。「俺らのズドンさんが!」

 超王道系ライトノベルアニメとして有名なロクでなし魔術講師と禁忌教典(アカシックレコード)。  第2話のズドンさんとシスティのおかげでニコ動でも再生数が1話より多いという現象も起こっている。  メイン …

『ひなこのーと』第8話「がんばりすぎて」まとめ、感想。「なんて優しいアニメなんだ。あーん」

 みなさんにひとつご報告があります。  今作品で夏川くいな役の富田美憂ちゃんのサインゲットした!  ハンドルネームでいただこうかと思ったけど、せっかくだしリアルネームを書いてもらおうということで上の部 …

「BanG Dream!」第2話「やっちゃった!」まとめ・感想。「女の子同士だからストーカーじゃないもん!」

  AbemaTVでの最速配信は日本中どこにいてもみられるから最高!  スマホゲームもどうなるか、とても気になる! ・目次 1.あらすじ 2.登場人物 3.音楽  スタッフ  放送情報  公式サイト …

関連コンテンツ

オススメ記事

検索タイトル

サイト内検索はこちら↓

サイト内検索はこちら