アニメやラノベ、漫画、ゲームから声優、映画など趣味の情報をまとめて2次元自堕落生活を満喫するブログ。

アニメ

『ウマ娘 プリティダービー』アイキャッチ・感想 一覧

投稿日:2018年6月3日 更新日:

ソシャゲアニメって個人的に苦手で、ノーマルソシャゲアニメかぁと思っていたがさすがPAWORKS。
温泉むすめといいウマ娘といい○○娘シリーズが今後出てきそうな感じ。
競馬はまったくやらないからやってる人との楽しみ方は違うかもしれないが、競馬やってなくても楽しめる。
サクラバクシンオー出てくるのかな?

最終回、本当に良かった。原案はいっぱいあるし、続編(他のウマ娘視点)もくるのかな?劇場版ウマ娘!期待大!出来れば応援上映有で、ライトも持ってこれるようにして観客もライブしたいw
ゲームが配信されたら絶対しよう!ここまでソシャゲを楽しみにするのはスクフェス配信前並み!

「ウマ娘プリティダービー」公式サイト

スポンサーリンク

第1話

アイキャッチはスペシャルウィーク。
17勝10敗。で獲得賞金は10億9262万3000円(Wiki情報)
言わずと知れた名馬。
現在も一般人にも知られている武豊の相棒としても有名。
ウマ娘が放送中の4月27日に死亡しているのが発見された(23歳)
現実でも母親はスペシャルウィークを生んですぐに亡くなっているため、実母がいないというのは現実に即している。

9話段階でこのまとめを書き始めたが、ウマ娘で競馬に興味を持ったオタクとしてはスペシャルウィークってまじですげえ馬だったんだ。。。
調べれば調べるほどすごさが分かってきた。
あと、当初はハルウララが出てきたことにもよくわからなかったけど、今見返したらハルウララがここで出てきて笑える理由が分かるw

第2話

アイキャッチはトウカイテイオー。
12戦9勝。で、獲得賞金は6億2563万3500円(Wiki情報)
会長のシンボリルドルフは父親である。(そのため、アニメではルドルフのことを慕っているのだろう)
ラストランになった38回有馬記念は涙なしには見られない。
OPでトウカイテイオーが泣きそうな顔でゴールしているのはこの有馬記念の時のことだろう。これを知ってからOP見たらマジで泣ける。

スペシャルウィーク初優勝の回ということは1997年の3歳新馬かな?
トウカイテイオーの元気の良さがまんまタイプ。

第3話

アイキャッチはダイワスカーレット。
12戦8勝(2位が4回)。で、獲得賞金は7億8668万5000円(Wiki情報)
アニメでも描かれているようにともに牝馬であるウオッカと激闘を繰り広げた。

アニメの方も史実通り98年の弥生賞と皐月。皐月賞は正しくセイウンスカイが優勝。
史実に則ってくれるアニメは名作。PAがソシャゲと関わればここまでソシャゲアニメが面白くなるのか!

第4話

アイキャッチはウオッカ
26戦10勝(海外:4戦0勝)。で、獲得賞金は13億3356万5800円(Wiki情報)
史上最強牝馬と言われ、スカーレットのライバル。

タイキシャトルvsスペシャルウィークはifルート。
てか、ウマ娘で競馬に興味持って、一口馬主をしようとしている自分。(普通は馬券を買うんだろうけど、そこで一口馬主になろうと考えるというちょっとずれた感性を持っている自分なのかもしれない)
その一口馬主でタイキシャトルが属するタイキファームの一口馬主になろうかなぁ。って考えてる。

第5話

アイキャッチはゴールドシップ
28戦13勝(海外:1戦0勝)。で、獲得賞金は13億9776万7000円(Wiki情報)
アニメでよく絡んでいるメジロマックイーンはゴールドシップのおじいちゃん。
だから、ゴールドシップが一緒に走りたい。といったところは、実現するはずもない会話だから涙なしには見られない。(トウカイテイオーとシンボリルドルフも親子の関係で涙なしには見られない)

史実の東京優駿ではエルコンドルパサーは出走していなかった。
今回はifルートであるが、史実で1位はスペシャルウィークであるために同着という処理が行われたのであろう。
あと、解説の武豊wwww
まさかの本人登場。

第6話

アイキャッチはメジロマックイーン。
21戦12勝。で、獲得賞金は10億1465万7700円(Wiki情報)
ゴールドシップはメジロマックイーンの孫。獲得賞金が10億を超えた初めての馬である。

水着回をダイジェストしないでくれよぉ。

1988年の有馬記念でスーパークリーフは失格をくらっており、オグリキャップが優勝しているのでどんどんドーナツ大食い大会も史実通り。

98年の毎日王冠の1位サイレンススズカ。2位エルコンドルパサーは史実通り。
最強のウマ娘、サイレンススズカ。
我々の夢。サイレンススズカ。
来たる。1998年天皇賞秋。

スポンサーリンク

第7話

アイキャッチはサイレンススズカ。。
16戦9勝(海外1戦0勝)。で、獲得賞金は4億5598万4000円+23万1000香港ドル(Wiki情報)
大逃げとして知られた名馬。
98年では6連勝していた。。。
その6連勝の中、11月1日11レース1枠1番1番人気の、ここまで1が続くことがあるのだろうかと言われるほど1が続いた天皇賞・秋が開催された

1000mを57秒台で走るという圧倒的な走力を見せつけ、2番とは10馬身も離していた。
誰もがサイレンススズカの優勝を確信していたその時。第3コーナーの欅を過ぎた時に突然失速。
コースの外側に外れていき、競争中止。
粉砕骨折と診断され、安楽死となった。

この時、サイレンススズカは最後まで騎手である武豊を振り落とさなかった。骨折している中、今もなお活躍できる武豊を救った名馬である。

Aパートでお風呂シーンがカット……
秋の天皇賞が始まる前の癒しが!

そして、沈黙の日曜日である秋の天皇賞が……
サイレンススズカ!!!!!
史実とは異なり、安楽死処分とはならずに済んでよかった……

この第7話を受けていろいろと調べたよね。
実際のレースの映像見たり、これまでのウマ娘の関係性をみたり。
そうするとかなり細かいところまで描かれていたことに気付いた。
さすがPA。ドハマりしました。

第8話

アイキャッチはトウカイテイオー。
2話ではノーマルで今回はレース衣装。

本編では9カ月が一気に進み、スペシャルウィークが3着だったジャパンCは一瞬描写があったが、AJCC、阪神大賞典、天皇賞・春のスペシャルウィーク1位3連続がカットされていた……
宝塚記念にてスペシャルウィークが首を振ったところで実際に武豊も首を振っていた(グラスワンダーを探していた?)ので合わせに来ている。
でもグラスちゃんのヤンデレ具合すごいなぁ。スぺちゃんもスズカさん一直線だけど。

第9話

アイキャッチはダイワスカーレット。
3話はノーマルで今回はレース衣装。

ウマ娘専用受話器、ちゃんとウマ耳の方に合わせて笑ったw
エルコンドルパサーが破れた相手、ブロワイエは史実ではモンジューという名前。
おそらく、サイレンススズカなら優勝していただろうともいわれている(国内でエルコンドルパサーに対して勝ったのはサイレンススズのみ)
また、エルコンドルパサーはこの凱旋門賞にて引退となっている。
その事実を考えて最後のエルちゃんの電話を聞くと涙が止まらない。
今後、エルコンドルパサーがアニメで走ることはあるのだろうか。99年の有馬記念。もしかしたら史実を変えてくる可能性があるからそこか?

第10話

アイキャッチはウオッカ。
4話はノーマルで今回はレース衣装。かっこいい

99年秋の天皇賞。マジで泣ける。
スペシャルウィークとサイレンススズカを対比させて走っているシーンは素晴らしい。
サイレンススズカが安楽死となったレースにてレコードをスペシャルウィークが塗り替える。ほんとうによくできた史実だ。
私の夢はサイレンススズカです。

また、今回のセイウンスカイがゲートに入らなかったのも史実通りで7分ほど入らなかったらしい。

第11話

アイキャッチはゴールドシップ。
5話はノーマルで今回はレース衣装。

サイレンススズカが復活した!
またレースを走ることが出来るサイレンススズカ。そして1位を取るサイレンススズカを見るだけで涙が出てくる。
トレーナーさんが泣くのも分かるよ!
もう走ることはないと思われてたんだもん。
走ってゴールをしてくれるだけでも嬉しいのに、1位を取って復活してくれるなんて!!!
大逃げのサイレンススズカが後方から差すとは……
スぺちゃんの走り方や、合宿での後方から駆け上がったことがここに影響しているのかな?
また、サンバイザーの元ネタはサンフレアだと思われる。
今回のレースはジャパンCの前日なので11月27日。そこでサンフレアが出走したレースはキャピタルSの10R。
史実ではサンフレアが1位であったが、アニメではサイレンススズカを1着にさせたということだろう。

そして、ブロワイエがジャパンCに登場!史実でもモンジューがジャパンCで出走していたんだね。
(おそらく)引退したエルちゃんがブロワイエの情報を書き込んだノートをスぺちゃんに渡す時の気持ち。それを受け取らなかったスぺちゃんの気持ち。それを受けてのエルちゃんの気持ち。何から何まで美しい。

このウマ娘って14話構成なのかな?
12話でジャパンC。13話で有馬記念。14話で特別レース(チームスピカ7人+エルコンドルパサー+グラスワンダー+セイウンスカイ+他8人の合計18人)をして終わりって感じじゃないかな?スペシャルウィークとサイレンススズカが一緒に走るだけでも感動だけど、メジロマックイーンとゴールドシップが一緒に走ったり、シンボリルドルフとトウカイテイオーが一緒に走るなんてことになったらもう超感動だぞ。
期待が高まるアニメだ!

第12話

アイキャッチはメジロマックイーンのレース衣装。
6話のノーマル衣装の時もだけど、マックイーンちゃんのアイキャッチ色気がある。

調子に乗んなよ

日本の総大将スペシャルウィーク!!!我らがスペシャルウィークのジャパンCきた!!!
皆の夢を乗せて走るスペシャルウィークはなんてかっこよく感動することだろう。

でも、フランスのウマ娘にバンバンケンカを吹っ掛けていくスペシャルウィークwww
エルちゃんは何を教えてるんだよw

そして、Cパートで発表されたウィンタードリームトロフィー!
え、なにこのやばい組み合わせ。誰が勝ってもおかしくないじゃん(セイウンスカイちゃんどこどこどこ)
まさか最後の最後でアニメ限定の夢の試合を見せてくれるなんて!
親子対決!や孫との対決、ライバル対決に兄弟対決。見たい対決が目白押しで1位を決める対決だけではない!(キングヘイローちゃんどこどこどこ)
こちらの『ウマ娘 プリティーダービー13話予想』【ウィンタードリームトロフィー】単勝予想投票受付中!どのウマ娘がWDTを制するのか!?にて単勝予想と夢の対決の勝者予想の投票を受け付け中!ぜひふるって参加を!(ハルウララちゃんどこどこどこ。ハルウララちゃんいたら18位は予想できるのにw)

EXTRA R(第13話)

アイキャッチはサイレンススズカとスペシャルウィークの勝負服!
二人の表情が最高!!!

WDTに関しては結果は明らかにしないということで、(同着という演出ではなく、確定させなかったということだろう)夢の11レースの実況とおなじような感じなんだろうな。最後一直線に並んだ!って。
いやぁ、でも映像でみるとほんと手に汗握る。思い出しながらこの文章打ってる今ですら泣けそう。

WDTに関しては12話の感想でも書いたところで単勝予想を受付をしていて(現在は締め切り)、みんなの予想も見れて楽しかった。最終オッズはこちら。
やはりサイレンススズカが1人気でオッズが4.0。2人気はスペシャルウィークでオッズが5.2。3人気がシンボリルドルフでオッズが6.0。
この馬たちがこのオッズってマジでやばい。怪物のオグリキャップですら4人気10.1。ってすげえレースだ。(投票総数は353)
あと、キャラクター別に投票もしてもらっていたのだが、ダイワスカーレットvsウオッカが51%vs49%、ゴールドシップvsメジロマックイーンも51%vs49%になっているのすごいなぁ。

レース前の演出でもサイレンススズカvsスペシャルウィーク。トウカイテイオーvsシンボリルドルフ。メジロマックイーンvsゴールドシップ。ナリタブライアンvsビワハヤヒデという夢の対決へ向けてのセリフも聞けるし、ウオッカvsダイワスカーレットもほんと泣ける。
トレーナーさんがスピカメンバーにゴール直前で想いを語っている部分も最高。
ゴールドシップって優しいよね。ウマ娘見てからぱかちゅーぶも楽しみだけど、本物のゴールドシップの動画も楽しみに見てるw 今季の覇権候補1番乗りです!

最後にあったエンドカード。これもなんてすばらしいことか!
これまで掘り下げてきた各キャラクターの魅力が完璧に描かれているエンドカード。
終わっちゃったのかぁ。ウマ娘。。。ゲーム早く来てくれ!ソシャゲに対して否を叩きつけている俺が、ここまでソシャゲを楽しみにするのスクフェス以来だぞ!

で、最後のエンディング曲がうまぴょい伝説ってのもいいよね!アニメで一度聞きたかったんだよ!これでアニサマでうまぴょい伝説を披露することが確定したな。
スペシャルウィーク・サイレンススズカ・トウカイテイオー・ウオッカ・ダイワスカーレット・ゴールドシップ・メジロマックイーン・エルコンドルパサー・グラスワンダー・セイウンスカイ・キングヘイロー・ハルウララ・シンボリルドルフ・タイキシャトル・エアグルーヴ・ヒシアマゾン・フジキセキ・マルゼンスキー・テイエムオペラオー・ビワハヤヒデ・ナリタブライアン・オグリキャップ・スーパークリーク・タマモクロス・イナリワン・ウイニングチケット・メジロライアン・メジロドーベル・ナイスネイチャ・エイシンフラッシュ・マチカネフクキタル・メイショウドトウの合計32人によるうまぴょい伝説。本当に伝説だよ。

BD4巻では今回のEXTRA Rを含め新作3本追加されるから本当に楽しみ!
サイレンススズカとスペシャルウィークのタイマンか!?
少し残念なのは俺の愛馬のサクラバクシンオーが終ぞ登場しなかったこと(アニメの中の愛馬はトウカイテイオーです)
ここまで売れたのだから社台もそろそろ首を縦に振るかな?社台も先見の明がないんだから……
といいつつ、自分も元々はソシャゲアニメか~PAが関わってるけど、まぁなぁ……程度の認識しかしておらず、20作品くらい見た中で最終的に10番くらいになればいいもんだろ。と思っていたころがありました。
それが伝説の7話があり、完全にはまって、今や覇権候補。現在、最終回を迎えた作品が少ないから正確な順位は出せないが、自分の中ではダリフラと一騎打ち状態。
原案の数で言えばウマ娘、まだまだ作品展開できるからこれからも頑張ってほしい!(現在進行形で原案も増えるし!)
あと、今回のアニメで細江さんの演技力の向上がすさまじい。
最初の頃は、完全に一人浮いていたけど、最終回なんてもう遜色なかったからな。こっちが慣れてきたってのもあるけど、素人が1クール通してこんなにうまくなるってほんと凄いと思う。芸人や俳優がちょろっと吹き替えに来る奴らもっと見習うべき。

ありがとう!ウマ娘!最終回を終えての満足感、気持ちがいいです!
ゲームもあるしこれからの展開が楽しみ!
今回のアニメで競馬に興味持っていろいろ調べていくとなかなか面白い。将来的に馬主になって夢を託してみたい。

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-アニメ
-, ,

執筆者:


  1. 匿名 より:

    第10話 ウオッカ

  2. 匿名 より:

    細川ではなく細江さんですよー。
    どうやら細江さんは3回にわけて収録したそうで別撮りだったみたいです。
    トレーナーも素晴らしく、沖野さんの演技に泣かされ、私的に影の功労者のアナウンサー(明坂さん)の実況もすごく良かったです!

    • 7号機 より:

      間違ってました……訂正しました。

      明坂さんの実況が、現実での競馬の実況とリンクしている部分もあり、感動でしたね。

      細部にかなりこだわってて、知らなかったことで調べてみるとここがこのようにつながってるのか!と発見があって、アニメ見た後も楽しめた作品!

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

「亜人ちゃんは語りたい」:第1話「高橋鉄男は語りたい」まとめ・感想。放送直前番組:「亜人ちゃんは祝いたい」まとめ・感想

 放送直前番組「亜人ちゃんは祝いたい」もやっていましたね。  出演者は、諏訪部順一(高橋鉄男役)、本渡楓(小鳥遊ひかり役)、篠田みなみ(町京子役)、夏川椎菜(日下部雪役)、Lynn(小鳥遊ひまり役)、 …

「政宗くんのリベンジ」第5話「ミステリアス・キャット」まとめ・感想。「ケチャップとノーパンは乙女の嗜み」

 今季アニメの中でもかなりお気に入りの政宗くんのリベンジ!!  前回せっかくいい展開になりながらも最後の最後でまっすぐ行かないのが鉄則。  吉乃をもっと出してください! ・目次 1.あらすじ 2.登場 …

no image

『サクラクエスト』1話~3話先行上映会・舞台挨拶(大阪)感想

 4月から放送のアニメ、サクラクエストの1話から3話先行上映+舞台挨拶行ってきました。11時30分スタートの回で上映後舞台挨拶だったので、キャスト陣もネタバレありの舞台挨拶でニコ生などでも言えなかった …

『妹さえいればいい』エンドカード一覧

僕は友達が少ないの原作者平坂読先生の新作『妹さえいればいい』が待望のアニメ化! エロマンガ先生→天使の3P→妹さえいればいいと、数年前にアニメ化され2期もやって話題となった作者の次期作アニメ化シリーズ …

no image

「亜人ちゃんは語りたい」:第4話「高橋鉄男は守りたい」まとめ・感想。「JKと……ハグだと!?」

 亜人ちゃんは語りたいは日常を描きながらも亜人という個性を用いて現在の教育問題にも通じることを表現していると思う。様々な問題が騒がれる昨今、教育関係を志すものまたはそこに身を置く人たちはこの作品から学 …

関連コンテンツ

オススメ記事

検索タイトル

サイト内検索はこちら↓

サイト内検索はこちら