アニメやラノベ、漫画、ゲームから声優、映画など趣味の情報をまとめて2次元自堕落生活を満喫するブログ。

アニメ ライブ 声優

アニサマはアニソンフェスじゃない!【アニサマについて思うこと】

投稿日:2019年6月13日 更新日:

最近、『アニサマよそれでいいのか』というマークソ氏(@uma_kuso)ブログがTwitterで話題になっている。

それを受けて、せっかくアニサマの曲予想(【1日目】【2日目】【3日目】)書いたり、シクレ予想(もう少ししたら出します)書いたりしてるので、せっかくだし意見書いてみよっかな?って思って書いてみた(これに乗っかって話題になってくれれば、アニサマに行くチケ代と交通費と宿代の足しにでもならないかなぁという本心は隠しつつ)
まぁ、そんな感じでちょろっと書くんであまり怒らずに、そういう意見もあるなぁ~程度で読んでください。(みんなの予習の助けになるかなぁって気持ちで曲予想書いてるだけでも批判コメそこそこくるから、こんなん書いたらめっちゃ批判きそうだから予防線を)

スポンサーリンク

アニサマはアニソンフェスじゃない!

多分、みんな勘違いしてるのはここじゃないかなぁって。自分もこの部分を無視してアニサマに期待してしまうこと多い人だけど。

ここを正しく言い直すと、『アニサマはアニソン祭り、アニメ祭りではなく、アニサマはアーティストのお祭りである』ということ。
この認識が本当に重要だと思う。

「アニソンのフェスっていうなら、人気のある曲を歌ってくれよ!去年から今年にかけて売れたアニメやその曲を出してくれよ!!!」ってなるんだと思う。
でも、実際のアニサマはアーティストのフェスだ。
特に、こんなでっかくやろうとしたら色んな所から金を出してもらわないといけないから、そのスポンサーが「うちから○○出してくださいよ~もっと売り出したいんで」ってなったら出すしかない。

でも、それならアニソンフェスみたいな皮被るなって意見よくわかる。
自分も、アニメが好きでアニソンが好きでその祭りをしたい人だから。
例えば、現在、アニサマに対して批判的な意見を持ってる人たちの考えって、
「涼宮ハルヒの憂鬱が好きで、SOS団が出るのは見たい!」「エロマンガ先生のEDが好きだから、トラセがadrenaline!!!を歌ってくれるの見たい!でも、それぞれがソロでシクレで出てくるのはなんか違う……」
ってことだと思う。
自分の周りでフェスやライブに行かない人たちでも、別に声優興味ないけど、SOS団は見たよなぁ。って人はよくいる。

アニソンから離れてアニメで考えると、
シナリオなんかどーでもいい、この声優とこの声優がでるならこのアニメは神!
みたいな。
中の人じゃなくて作品を重視する人なら、同じオタクでもそういう声オタとは別オタクだからって思ったこと何度もあるっしょ。俺も何度もある。
でも、有名声優をいっぱい使ってなおかつ作品も良いっていくつもある。最近で言えばよりもいとか。

まぁ、それでも、声優だけで釣った駄作アニメってのは単純に1話見てもういいやってなれば録画取りやめたらいいだけだし、円盤もグッズも買わなきゃいいだけだから自分の金は使ってない。
しかし、アニサマは最初に1万円払って5時間という時間をその場で過ごしてるから、「それ、アニソンフェスちゃうやん」って感じだと、「フェスだから知らない人出るのは仕方ないとしても、ただ、その人出したいだけやん」ってなるのでは?

イチゴたっぷりケーキと聞いて買ったけど、イチゴもあるけど、ブドウやメロンの方が多いやん!みたいな感じで(ブドウやメロンも美味しいけど)、
アニソンフェスを標榜して、フェスを開催するのに中身が違うやん!ってのが、批判されてることだと思う。

スポンサーリンク

アニマ・リスアニと比べると…?

アニメ系のフェスというと、アニサマ以外には例えばアニマやリスアニがあると思う。
それぞれのフェスは、アニマはアニソンフェス。リスアニはアーティストのフェス。というのを主題において開催してるのかなぁって感じる。
アニマはアニサマと同様に徐々に出演者を発表して1組あたり2~4曲で○○セレクションのようなコーナーがあり、全員がカバーやコラボなどをして、シクレもあって、アニソンの祭典という感じだ。
一方でリスアニは、今はシクレは特になく、アーティストの曲数も多い人では7曲ほど。アニソン以外も歌うというのがコンセプトになっており、アーティストの祭典という感じになっている。

しかしアニサマは、アニソンフェスを標榜し、アニマと同じようにアーティストを小出ししつつシクレもいる。が、カバーやコラボもあるがアニマよりは抑えられている。かといって、リスアニのように1組あたりの持ち曲が多いわけではなく1曲で帰る人もいる。
SSAという会場を埋めるために多方面のファンを呼び込む必要があり、出す人を多くして回転率をあげ、シクレで稀にSOS団のようなアーティストを出してアニソン好きも囲って……と、色々詰め込み過ぎてるから批判されるのでは?
あと、金もかかるから、スポンサーからのこれを出してというのもある。
アニサマはアニメ・アニソンファンにも媚び売って、声優ファンにも媚び売って、スポンサーにも媚び売らなきゃいけない。
だから大変なのも分かるが、もうこれを変えられないなら、アーティスト発表を小出しにせずに先にアーティストをバーン!って一気に出して、そのアーティスト好きな人を引き込んで、シクレではアニソンフェスみたいな人を呼ぶって感じがいいと思う。
そしたら、なんか違うなって人はチケット取らないから文句言わないし(いう人もいるかもしれないが、チケット取らないなら無視すればいい)、行きたい人は行くしでみんな幸せだと思うんだけどなぁ。

まとめとすれば、「アニマはアニソンフェス」「リスアニはアーティストフェス」「アニサマはその両方を取り入れようとして、ちょっと難しいことになってる」ってことかな。

アニソンフェスを見たい人の選ぶアーティスト基準って?

ここからは、「じゃあ、てめえみたいなアニオタはどんな人なら満足するんだよ!」って意見に少しばかり答えてみよう。

ここで自分が好きなアニソンアーティストを例に出したら、いや、それお前が好きなだけやんって殴られそうなんで、今年のアニサマのシクレで期待されている鈴木雅之を例に出してみたいと思う。(シクレではなく、通常発表で鈴木雅之が追加されました)

アニソンフェスを楽しみにしている我々は、かぐや様OPを歌った鈴木雅之を見たいという認識であるということだ。
だから、もし、鈴木雅之がバーチャルさんやけもフレ2期を歌ってて、それだから来たとなると、いや、バーチャルさん酷かったじゃないか。けもフレ2期なんて大爆死して消え去ったやないか。それで来るのは違うんじゃない?って、思うのである。
だから、かぐや様OPを歌ったということが大切で、かぐや様OPをアニサマで歌うということが大切なんだ。

アイドルがアニサマに来ると議論になる。
そこでも、今年OPEDのみならず本体までも参戦するグリッドマンの曲を、もしそのアイドルが歌ってたのならば、「謎アイドルだからダメ」とはならない。でも、特に売れた作品もなんにもなく、スポンサーの力で……みたいなのが見えたら、うーんってなる。
だから、△△というアーティストではなく、○○という作品の曲を歌う△△というアーティストというものを求めている。アーティストを求めるなら、ソロライブ行くから。数少ないアニソンフェスだからこそそのアニメを歌うアーティストを求めてしまう。
その作品・その音楽を基準でアーティストを選んでほしいというのが、アニソンフェスを見たい人の視点で、それぞれのアーティストにそれぞれ曲があって、それぞれのパフォーマンスがあるからそれを楽しめばいい!というのが、アーティストフェスを見たい人なのだと思う。

どっちが正しいなんてない。人の楽しみ方はそれぞれなのだから。
でも、アニソンフェスを標榜するなら、ゲームもまだ出てない……とか、ソシャゲでアニメ始まってない……とか、1st出した(出す予定)みたいな感じで決まると、「いや、アニソンフェスとして出すならこの人いるじゃん!こんな作品あるじゃん!」ってなってしまうんだと思う。

スポンサーリンク

最後に

最後に、みんな覚えてほしい。そして心を落ち着けてほしい。
『アニサマはアニソンフェスじゃない!アーティストのフェスだ!そして、スポンサーのフェスだ!』ということを。
そして、アニサマはもうこういうコンセプトってことは変えることは出来ないんだから、アニソンフェスに期待することはおいといて、当日はアニサマというものを楽しもうぜ。ちゃんと、アニソンフェスとしての部分もあるのだから、そこを楽しもう。

以下宣伝


スポンサーリンク



スポンサーリンク



-アニメ, ライブ, 声優
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

『異世界かるてっと』エンドカード・感想一覧

OPは好き。 EDもいいけど、個人的にはOP派 大石昌良作曲は好きになる確率が高い。まだライブはフェスでしか見たことないけど、MC面白いしいいよなぁ。シンガーソングライターは強い。 なぜ曲だけで内容に …

【ネタバレ注意】「劇場版 ソードアート・オンライン ―オーディナル・スケール―」考察、感想。

 2012年にアニメ1期が放送されて以降アニメ界においても絶大な人気があり、原作も全世界シリーズ累計1900万部という超大ヒットをしているSAO(ソードアート・オンライン)シリーズ。その映画である「劇 …

『プライベート大西沙織生誕祭』まとめ。いのりっくまねる大西沙織によるジャングル生誕祭!?あやねるのあやねるが!

来週の「鷲崎健のヨルナイト×ヨルナイト」に「佐倉としたい大西」がゲスト出演します!2人が出るのは2回目ですね!どんな放送になるのかお楽しみに!そして写真は全然関係ないですが、リアル大西生誕祭の模様でア …

no image

「セイレン」:第6話「宮前透 タイセン」まとめ・感想。「交配は疲れます」

 「キミキス」「アマガミ」のキャラクターデザイン等、多くのゲーム作品に携わってきた高山箕犀(たかやま きさい)によるオリジナルアニメ。  「アマガミ」から9年後の世界となっており、同様にオムニバス形式 …

エロさ全開!『ひなこのーと』エンドカード一覧

 2017年春アニメの中で大人気アニメのひなこのーとはエンドカードが毎回毎回エロさ全開でフェチ要素も完備しており毎週の楽しみになっている。(個人的にはくいなのエンドカードが大好物)  そのエンドカード …

関連コンテンツ

オススメ記事

検索タイトル

サイト内検索はこちら↓

サイト内検索はこちら

主にアニメやラノベ、漫画、ゲームから声優、映画など趣味の情報を主観100%でまとめて2次元自堕落生活を満喫するブログ。
我のリアルは二次元にあり。