アニメやラノベ、漫画、ゲームから声優、映画など趣味の情報をまとめて2次元自堕落生活を満喫するブログ。

アニメ

『アリスと蔵六』第2話「アリスの夢」まとめ、感想。「日本家屋は発見がいっぱい」

投稿日:2017年4月18日 更新日:

 1話は60分特番でアリスと蔵六ならではの世界観に魅了されてしまった。亜人ちゃんはメインに先生がいたが、今回のアリスと蔵六は蔵六という頑固おじいさんがメインにいるという。かなり珍しいお話なのではないか?

 今の若者が学べる内容も多く含まれているように感じるので、ぜひ見てほしい。

スポンサーリンク

あらすじ

 彼女はそれまで“外の世界”を知らなかった。
 初めて触れるモノ、初めて見る風景、そして初めて出会う人々……。
 そんな“世界”の広がりに、戸惑い、驚き、目を見開く。

 名前は紗名(さな)。
 “研究所”と呼ばれる施設で、“外の世界”を知らずに生まれ育った少女。
 しかも、あらゆる想像を具現化する——「アリスの夢」と呼ばれる特殊な能力の持ち主でもあった。

 そして初めての“外”で、彼女はひとりの老人と出会う。
 名前は樫村蔵六。「曲がったことが大嫌い」で「悪いことは悪い」という頑固じいさん。
 そんな蔵六との出会いが、紗名の運命を大きく変えていく。

 紗名を追う謎の組織、次々と現れる能力者たち、そして心優しい人々との出会い……。
 世間知らずだった“アリス”は、鏡の門(ルッキング・グラス)を抜けて、世界の本当の姿を知ることになる。

 ——そう、これは、私がまだ、自由に夢の国へ行けた頃の話。

 

・第2話

 行くあてのない紗名を、ひとまず自宅に引き取ることにした蔵六。
 昨日の騒ぎがどこにも報道されていないことを確認すると、彼は昔馴染みのある男に連絡を取る。
 一方その頃、目を覚ました紗名の前に現れたのは、蔵六の孫娘である早苗。
 彼女は仕事に出かけた蔵六に代わって、紗名の面倒を頼まれていた。
 初めのうちは早苗に警戒心を抱いていた紗名だったが、次第に心を通わすように。そして彼女は、研究所での暮らしを思い返す。

登場人物

・樫村蔵六 CV. 大塚明夫

白髪に太い眉、つねにムッとしたような表情を崩さず、しかも無口。
加えて「曲がったことが大嫌い」という、まさに絵に描いたような“頑固じいさん”。
孫の早苗とのふたり暮らし。街で途方に暮れていた紗名に声をかけ、騒動に巻き込まれることに。

 

・紗名 CV. 大和田仁美

外の世界に憧れ、“研究所”と呼ばれる施設を抜け出してきた少女。
「自分が想像した通りに周囲の物理法則を書き替える」という、万能な力を持つ。
そのせいか、性格はワガママで世間知らず。
謎の組織に追われている最中に蔵六と出会う。

 

・樫村早苗  CV. 豊崎愛生

どんなときでも笑顔を絶やさない蔵六の孫娘。
幼い頃に両親を亡くし、蔵六と二人で暮らしている。
のんびり優しい性格の持ち主で、料理が得意。

 

・原作

 漫画『アリスと蔵六』(作者:今井哲也、出版社:徳間書店)

・スタッフ

≪監督≫桜美かつし(代表作:神様のメモ帳など)
≪脚本≫綾奈ゆにこ(代表作:きんいろモザイクなど)
≪アニメーション制作≫J.C.STAFF(とあるシリーズ、リトバスなど)

 

・音楽

OP:「ワンダードライブ」

アーティスト:ORESAMA

ED:「Chant」

アーティスト:toi toy toi

・放送情報

・テレビ放送

TOKYO MX:4月2日より毎週日曜22時30分~
KBS京都:4月2日より毎週日曜23時00分~
サンテレビ:4月2日より毎週日曜24時30分~
BS11:4月4日より毎週日曜24時00分~
AT-X:4月7日より毎週日曜22時00分~

・ネット配信

AbemaTV:4月8日より毎週土曜
バンダイチャンネル:4月5日より毎週水曜12:00~
dアニメストア:4月5日より毎週水曜12:00~


 

TVアニメ「アリスと蔵六」公式サイト

TVアニメ「アリスと蔵六」公式Twitter

 

まとめ

 (やっぱりどこもやっとらんな)

 テレビで全く放送されない……。圧力怖い。

 

 紗名ちゃんかわいい。

 

 「え、え?」

 「何を作っとるんだね~」

 「あのね、お墓」

 「うん、誰の?」

 「これは、虫さん。これは、金魚、これは、お父さんとお母さん

 突然転移してからの過去の話。夢世界みたいな?

 早苗さんも過去色々あるんだろうな……。公式サイトでも両親を幼い時に無くしているって書いてあるし。

 

 「誰だお前」

 「とんだ~すっごーい!」

 君は飛ぶことができるフレンズなんだね!

 

 「そうだよ~私は~あなたに美味しいごはんとおやつを上げるためにやってきた~ごはん星人なのです~。びしー」

 「え、ええ、なんだ!?へっ」

 完全に戸惑ってるww

 ごはん星人わたくしのところに来てください!僕もすごく怖いところ(社会)で、いやな思いをしてきたからごはんを……。

 

 「ブーブー。僕悪い豚さんじゃないブーごはん星人だブー」

 (カシャン

 「え、なにこれ?ブタ!?あ、ちょ、やめて」

 「へんなやつめ」

 「つかまえた~一緒にブタまみれだ~」

 早苗さん適応力高すぎw

 うむ、なかなかえっちぃ妄想できそうな感じですねw

 

 「くすぐったい。やめろ~~」

 おい豚、そこ変われ、違う豚にもいかせろw

 

 「その前に着替えて、お風呂入る?」

 「いい、能力で汚れないから平気だ」

 な、なぜカメラこっち側なんだよ!向こう側から撮れ!!お風呂シーンが存在しないなんて……

 

 おぉ!この反応可愛すぎるだろ!!幼女のかわいい反応の描き方がなんてすばらしい!!

 

 「ちょっとってどれくらいだ?ちょっとまったぞ!まてない!!

 「ホットケーキ、すごいおっきい!」

 能力でごはん出せるのか!と思ったら出してすぐ倒れるw

 エネルギー保存の法則はここでも成り立っているのか。どういう意味か分からないけどw

 

 「おーいさなえーできたかー」

 「まーだだよー」

 「できたかー」

 「まだー」

 「さなえできたかー」

 この反応可愛いな。階段が軋む音にも反応してるし。ほんと今まで研究所で……。許さんぞ、研究所!

 

 木造の家っていいよね。趣があって。虫の問題と隙間風問題さえなければこういう木造なかなか好き

 

 「私の体にいろんな硬いものを当てた」

 え!?なに!?どういう意味!?!?解説お願いします!!

 

 「私は私」

 「あなたはあなた」

 ぼ、僕は……。

 

 「研究所の遠くのうんと下のほうで、誰かがあいつらに何かされて、人間じゃなくされるのを」

 それってカオチャでみたようなやつか……?

 

 「竹の子族は知らないか」

 「言葉の意味くらいは知ってますけど……」

 竹の子族とは、野外で独特の派手な衣装でディスコサウンドにあわせて「ステップダンス」を踊る人たちのこと。

 まぁ、ニートな俺には今も昔も外でパーティーする人の気持ちはわからないわw

 

 (おぉ~いっぱい寝ておやつ食べたら元気になった~)

 子供だもんね

 

 「よし、迎えに行くぞ」

 「へ、へ、へっ!?」

 「ちがう、わざとじゃない、わざとじゃない!!」

 何度も死にかけてるw

 PPPはどこにいるのだ!!

 

 あぁ……やっちゃった……。

 トンカツの恨みか……。

 

 「おーいろくさーん、来たぜー」

 「うええええええええええええん」

 「泣いてちゃわからん!!」

 

 「よし、帰ろう」

 「しっかりしてください、内藤さん。仕事です」

 よし、帰ろう、かかわらないほうがよさそうだw

 仕事を率先して放棄しようとしてくれる上司さすがです。

 

 
感想

 画面が見れなくなったPCから買い替えをしてたから記事を上げるのに1週間も遅れてしまった。

 年相応の反応がかわいい。階段が軋む音に反応するのもいいね!

 そしてトンカツの恨みが権化してしまった……。おじいちゃん激おこ。

 内藤さんのキャラ割と好きかも。


スポンサーリンク



スポンサーリンク



-アニメ
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

アニメ好きが危惧する『二度目の人生は異世界で』騒動。ヘイトと小説の表現の自由。声優降板は必要だったのか?

アニメ化が発表された『二度目の人生は異世界で』というなろう系作品の作者の過去のツイートが炎上し、原作者は謝罪後Twitterを削除。主要声優が相次ぎ降板を発表し、アニメ化中止かつ原作小説の出荷停止が発 …

「この素晴らしい世界に祝福を!2」:第10話「この素晴らしい仲間たちに祝福を!」まとめ、感想。「俺たちの本当の戦いは、k」

 この1年間、このすばのためだけに生きてきた。  そのこのすばが、このすばが、ついに最終回を……。  3期、絶賛期待しています。OVAで3期決定の情報?今後のイベントで情報?3期決定してくれれば、生き …

アニメ・ゲーム公式・声優の2018年エイプリルフールネタまとめ。

今年もエイプリルフールを迎え、アニメ系の公式や声優たちもそれぞれ面白い嘘を載せ始めた! それを少しまとめてみたので、くすっと笑うのにつかってください 主にTwitterから収集しています。他にもある場 …

no image

「セイレン」:第6話「宮前透 タイセン」まとめ・感想。「交配は疲れます」

 「キミキス」「アマガミ」のキャラクターデザイン等、多くのゲーム作品に携わってきた高山箕犀(たかやま きさい)によるオリジナルアニメ。  「アマガミ」から9年後の世界となっており、同様にオムニバス形式 …

【ガールズ&パンツァー最終章 第1話】見どころ・感想。『留年の危機は避けられるのか!?』

2012年に放送し、大人気となったガールズ&パンツァー。 映画もあり、大洗でのイベントもあり、その人気はアニメ終了からも衰えることなく続いていた。 そんなガールズ&パンツァーがこのたびOVA化が決定し …

関連コンテンツ

オススメ記事

検索タイトル

サイト内検索はこちら↓

サイト内検索はこちら

主にアニメやラノベ、漫画、ゲームから声優、映画など趣味の情報を主観100%でまとめて2次元自堕落生活を満喫するブログ。
我のリアルは二次元にあり。