アニメやラノベ、漫画、ゲームから声優、映画など趣味の情報をまとめて2次元自堕落生活を満喫するブログ。

未分類

コインチェック事件の対応について。

投稿日:2018年1月26日 更新日:

コインチェックにてネムが約600億円の不正送金が発覚したことによる一連のコインチェック事件により、本サイトにてコインチェックの広告の削除(ヘッダー部分とサイドバー部分)とともに、仮想通貨について紹介していた記事を非公開にしました。

仮想通貨について紹介していた記事は、コインチェック贔屓の趣旨となっていたため、非公開にしました。

コインチェック事件の一連の流れとしては、1月26日午前3時ごろにコインチェックのネムアドレスから約5億XEM(時価580億円、顧客の資産である)が不正送金され、それにより1月26日11時58分NEMの出入金停止。がされ、16時33分日本円出金禁止、17時23分ビットコインを除くすべての仮想通貨の取引禁止、日本円入金禁止。現在(1月26日21時30分)もなお公式発表はありません。

現在会見中23時30分

補償などは今後報告。

セキュリティは万全であったと認識。

株主と相談して今後の対応を決める(株主は社長や投資会社が大半会見に出ている2人で過半は持っている。)

【new 1月29日】与沢氏がコインチェック擁護発言がTwitterで多い理由についてはこのページの下部で記載しました。(推測が多く含まれます)

【new】コインチェックは、数日の間に出金の見通しの見通しを発表すると発表しました。
これは文章の間違いではなくそのままの意味で、告知の告知ということです。

【new】犯人のネムアドレスから100ネムずつ一般人のネムアドレスに送金されていることが判明しました。(マーキングされたネムを分散させるため?)

【new】2月13日、日本円の出金は再開しました。しかし、通貨の売買送金などは止まったまま。会見でも特に真新しい情報なし。

 

コインチェックの事件後の対応について

コインチェックは自己資産にて補償を表明したが、それはNEMでの返却ではなく、JPY(日本円)での返却であった。

その返却方法は未だ分からない状態であるが、返済額は約460億円になる。

なぜ、盗まれた額と返済額に120億円(約20%減)になるのだろうか?

その理由としては、事件発覚後から事件への対応を発表する直前までのNEMの価格(コインチェック事件で信用を失っているため下落した状態、対応への期待や、NEM財団の発表の期待から大暴落は免れている状態)で返却すると発表したからだ。それも日本円で。(1XEM=88.549円)

つまり、NEMが強制的に最安値で売り払われて日本円で返ってくる。現在(1月28日)はコインチェック事件が起こる前よりも少し値上がりを見せ110円台で取引されている。そして、現在なおCCでの取引はできず、もし今すぐ取引可能となっても手数料が膨大なCCでは1NEM120円で購入せざる負えなくなり、資産としては約25%減となる。

そして、NEM財団の発表から無償でCCがNEMを取り返すことはできなくとも約5億NEMは返却される期待がある。そうなると、CC自体は580億-460億=120億円得した状態(正確には1NEM88.549円で約5億NEMを購入+NEM財団へのお礼?)

他にもこの対応にはZaifもかかわっており、Zaifでは発表直前から急激にNEMやBTC価格が上昇(特にBTCは異常なまでの上昇を見せた)。Zaif内部でこの情報を共有した瞬間にNEMの買い占め等が行われた可能性も高い。

他にも、自分を含むことであるが資産を送金前に止められた人やCCでしか持っていない人、などで、公式発表直前の噂段階で一部コインを日本円に変えていた人は、底値で他のコインを買う時に勝手な取引禁止て購入できず損失を出している(BTCは購入可能であったため、自分は底値買いのための日本円はBTCへと一部変えたが、勝手な取引中止による損害は早めの取引可能をしない限り増えてくると思われる)NEMの取引中止は納得できるが、他のアルトコインの取引中止はまったくもって納得できない。

今回の件での対応をほめたたえている人は、NEMを持っていない人、底値買いをしようとしなかった人、CC以外の取引所のみ使っていた人、CCでもBTCのみを取引していた人、仮想通貨に対して反対の意見を持っている人だと思われる。仮想通貨なのだから少しでも返ってくるだけマシだろうという発想だ。しかし、CCは利用者に対してコールドウォレットでの保管をしているということを明記しているし(読み方によってはBTCのみともとられると指摘されているが、詐欺行為)、NEMが推奨していたマルチシグ(簡単に言うとみんながOKしないと送らないよ!みたいなもの)も実施していなかった。これは、取引所自体が顧客に対して詐欺行為をしていたものと考えても問題はない。

今回の対応として、CCが行うべきものとしては、最低でもNEMで返却すべきであるということだ。そうしなければ、日本円が返還された時にNEMの価格がどうなっているか分からないし、CC利用者は膨大な利用料からデイトレをすることは少なくガチホ組が多いため、今回の下落で手放す人は全くと言っていいほどいない。

用意したJPYでのNEM以外の通貨を底値買いできなかったのはギリギリ許せるが(取引中止も意味わからないし、かなり怒ってはいるが、BTCは購入可能であったため)、現在なお取引できない事態と、底値利確JPYでの返還はまったくもって理解できない。これで自分たちは完璧な対応取ったと思っているのか?膨大な手数料を取っておきながら、顧客にはNEMに関して25%~30%の損失を出しておいて。

今後対応が変わる可能性があり得るが、変わらずこのままであるならば自分はCCにある全資産を他の取引所に移すことを決定した。Zaifはサーバが弱く、今回の対応でも黒い。バイナンスは中国企業である。(みんな利用してるというのがあるが、CC自体みんな利用していたものだ)ビットフライヤーは手数料が同じく高い。などなど選ぶのが難しいものであるが。

CCでのNEM保持者、CCの取引中止による損害を被った人はこの対応を許さないだろう。1000万2000万を仮想通貨に突っ込める人は複数取引所を持っていて、コールドウォレット対策もしているだろうが、我々のような少額投資家は複数もつ手間の方が大きく、今回の件の最中に追加で日本円を他の取引所に入金しリップル等を購入することもできず、コールドウォレット購入費用も高く気がかりな状態だ。大口投資家もNEMの底値売りは相当な痛手であるし、税金の問題も不透明である。

【new 1/28 15時】コインチェックは1月28日15時に広告報酬の停止を表明しました。しかし新規登録はできる状態である。自分は騒動発生後、夜にはコインチェックのような広告は全て削除し、仮想通貨記事は非公開にしたが対応がひどいですね。これは新規登録はできる。でも、紹介料は払わないというものですし。コインチェックは取引を全停止し、出金も禁止したため資産がCC内にある人は何もできない。しかし日本円は入金は可能であるためCCは日本円を顧客から得ることはできる。つまり現状、顧客から日本円は奪い放題。でも広告を貼ってくれた人への報酬もないし、我々が信用できないからって日本円の出金や他の取引所に仮想通貨移すなよ!状態。ひどすぎますね。詐欺師集団かな?

仮想通貨に対しての危険性は理解して取引しているが、通貨に対してのみ考えるものではなく、取引所自体でも考えなければならない。それも取引所が詐称した文章を記載していることもあるということが今回の件で十分理解できた。自分はNEMの対応からNEMの信用は上がっている。Ripple社の公式サイトの展望やSBIの発表などからRippleの信用もある。他の通貨も信用しているものや信用していないものもあり、自分の信用から購入して保持している。もし、今後暴落してもそれは自分の先見性がなかったからだと思えるし、その通貨を責めることはない。ただ、現時点で取引所に対する信用はまったくもって0である。

↓アマゾンでのハードウォレット。画像をクリックするとAmazon検索ページでハードウォレットについて検索してあるページに飛びます。値段は高めであるが、安心を買うためには必要か。仮想通貨用の財布を買うようのもの。(今回の件で転売価格になる可能性もあるため注意してください)

スポンサーリンク

与沢氏のコインチェック擁護発言について

この記事にたどり着く人はおそらくコインチェックに不満を持っている人が大半であろう。
そこでみなさんが疑問に思うこととして、コインチェックの対応について神対応とほめたたえる人だ。

倒産するよりはマシかもしれない。しかし、顧客の大切な資産の管理状況が今まで述べていた方法と異なり杜撰であり、勝手に底値売りされたNEMで返還され、アルトコインは未だなお(1月29日8時30分現在)取引不能、日本円出金や送金も禁止されていながら、日本円入金可能。アフィリエイト報酬は停止しながら新規登録は可能といった、誰から見ても最悪な対応をしている。(それもNEMは返ってくる期待があるため、コインチェックは480億+NEM等へのお礼で約5億XEM買うことができる期待がある)

こんな対応をしているコインチェックをなぜ擁護できるのだろうか?

考えられる可能性としては①コインチェックに資産を全く預けていない。②ビットコイン取引のみ。③コインチェックから広告料をもらっている。といったところ。

①のような人で、仮想通貨を快く思っていない人は、そういうのリスク承知なんだろ?日本円が返ってくるだけいいと思え!という発想。また別の①は、コインチェック以外の取引所を利用しているかつ心がひねくれている人。その人は俺のところはセーフだった良かったわ~。コインチェックみたいなところ使ってるやつがばかだわ。ま、返ってくるからいいだろ。という発想。

②の場合は現在もコインチェックでビットコイン取引は可能なため早く出金可能・送金可能になってもらうためにもその発言をしておくということもあるだろう。アルトコインを勝っている人は勝手な日本円ロックアップで被害があるため、NEMを勝ってなくとも相当怒っている。

そして③はコインチェックが用意したサクラであるということ。そりゃ金貰えるんだもん。

まぁ、仮想通貨やっている人なら、というか、金稼ぎに少し興味ある人なら聞いたことであるだろう名前の与沢翼氏が、Twitterにてコインチェックを大変擁護している発言について。

自分は与沢氏のことは個人的にはさほど興味もなく、Twitterも見ないが(エロ動画しか投稿しないため)、運は相当強い人だなぁ。とは感じている。リップルの乱高下の時も最高値売りはせずともまだ高値の時期に利確をし、今回のコインチェック事件直前に購入発言をしながらもおそらく巻き込まれていないからだ。こういう運の良さだから金持ってるんだろうな。

与沢氏について知らない人に少し解説すると、彼が数十億単位で持っている理由は、元々情報商材という詐欺まがいのものを販売する大元、ねずみ講のトップをしていたからだ。若い人はユーチューバーヒカルという人も記憶に新しいと思うが彼も情報商材販売をしており、彼はそのねずみ講の中間層の位置づけ。

情報商材とは『1日で○○万円稼ぐ方法!』『パソコンと1日1時間で1カ月○○万円稼ぐ方法!』みたいなタイトルのpdfファイル等を高額で売り付けるものである。その中身としては正直このブログのこの記事以下の内容しか書いてなかったりするものだ。そして情報商材屋は、ねずみ講システムで金稼ぎをしており、この情報商材を売って金を得る。しかし直接売る人はその前に情報商材を始めるよう誘われた人がおり、その人に売れた金の一部を渡す。そしてその人も上の人に金を渡す……というシステム。だから、与沢氏はこのねずみ講のトップで自分はほぼ何もせず詐欺まがいのもので大金を得ていたのだ。(人を騙す文章と語り口調も一種の才能か)

しかしその後脱税等もあり稼ぎを失うこともあったが、今も復活を遂げてシンガポールにていろいろやっている(この復活の精神と実際に復活するところは、人となりが嫌いでも素直にすごいとは思う。尊敬はしない)

まぁ、そんな彼がなぜ今回のコインチェック事件の対応にてコインチェックを擁護しているのだろうか。ここからは推測が含まれており、事実ではないため100%信じてはいけないが、コインチェック事件被害者としての推論を述べさせてもらう。

結論から言うとコインチェックから宣伝料・広告料、そういったものを今回貰っているからだ(通貨方式は日本円譲渡とは限らない。それに類するもの)。Twitterでの発言にて2016年にコインチェック側からシンガポールにいる与沢氏にアポイントメントを取ったということがつぶやかれており、その時は無視したそうだがあっていればもっと金持ちになれたのにと発言していた。ここからわかる通り、コインチェック内部の人が与沢氏に接触しても全く不思議じゃない関係であるということ。だから、火消しに回ってほしいなど頼まれてもおかしくないということ。(発表直前の情報を渡してもらったり、報酬をもらったり、与沢氏のアカウントを特別扱いすることも可能)そして幸か不幸か、彼には人を騙す才能がある。彼の文章は人を惹きつける才能がある。金儲けに躍起になる人、不安に思っている人。そういった人の心に影響を及ぼす文章を作る天才なのだ。だから、今回のコインチェック事件でもコインチェックの対応を称賛することで、自分のファンや子供たち、仮想通貨の被害者以外、または一部被害者までも擁護派として取り込んでいるといった状態になるのだ。

彼は、この失敗はコインチェックの躍進につながると言った。

自分も失敗からの成長は大切であると感じる。しかし、実際に被害にあった自分から言わせてもらうと、この失敗は信頼の失墜に等しく、自分が今後コインチェックを利用して行かなければならないことにはならない。コインチェック側の杜撰な対応も招いたことなのだから。取引所を選ぶ権利は自分たちにある。

彼は返ってくるだけすごいとも言った。

これまでの取引所関連の事件ではそうなのかもしれない。しかし、返さないことがおかしいのだ。はれのひ事件。てるみくらぶ事件。どれも帰ってきてしかるべきものだ。それを返さないことはおかしいだろ?こういう返ってこないことは仕方ないという姿勢が間違っている。なぜ顧客不利でなければならない。自分たちが声を大きくして何が悪い。

彼は、ハッカーが悪いから。とも言った。

そんなこと誰でもわかっている。だからと言ってコインチェックが悪くない理由にはならない。顧客を騙していたのだから。なんのための法外な手数料だ?日本企業・サーバーの安定・セキュリティ。この3つを兼ねそろえた取引所だと信じて自分はその手数料を支払って取引していたのだ。それなのにCCの手違いでNEM単体で3割の損失。JPYロックアップによる損失を受け入れろというのか?

自分の文章は拙く、人を騙そうという気概もないものだ。だが、コインチェック事件の被害者だけにでも届いてほしい。与沢氏の発言に騙され踊らされそうになっている人に目を覚ましてほしい。自ら考え、コインチェックを称賛する人を取り込もうとは考えないし、それはその人の自由だ。しかし、他人の考えや呟きから称賛側になっている人は、この記事を見て、もう一度考え直してはくれないだろうか?また、コインチェック内部の人がこの記事を見ているならば、これが実際の声だということを認識すべきだ。

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-未分類
-

執筆者:


  1. ken より:

    興味深く読ませていただきました。
    兼ねてからコインチェックのぼったくりとも言える手数料、カスタマーセンターのまったく論点ずれている回答に憤りを感じていました。
    ましてや今回の対応。詐欺まがいのホームページの表記。セキュリティは完全と言い張った開き直り。
    どれをとっても認めることができない対応。

    今回は、マルチシグにコールドウォレット(鍵が3つの金庫)に保管するはずがシングルシグのホットウォレット(鍵1つの店先にあるレジ)に全額保管したために起こるべくして起こった人災だ。重過失はコインチェックにありと私は認識しています。
    ネムの補償に関して100億以上の負担をネムのホルダーに強いてきた。これで許せるわけがない。最低限、ネムは現物で補償すべきです。

    • 7_7__7_ より:

      コメントありがとうございます。
      手数料と引き換えに安心を買っていたと思っていたのに、その安心がデタラメであったことは許されるべきではありません。
      最低限のNEMでの補償がされることを祈るばかりです。

  2. ken より:

    与沢氏のツイートで思い出したことがあります。
    これは、私の勝手な思いこみの推測になってしまうのですが、今回、ネム以外の通貨まで送金を止めているコインチェック。
    恐ろし発想になるのですが、もしかしてコインチェックに現物がないのでは?
    与沢氏はたしかリップル高騰時にコインチェックが70億分を調達した。そして今は、コインチェックからは出金、送金はやめてあげようと擁護しています。
    もし、コインチェックとつながっているのなら辻褄があってしまいます。
    他の通貨まで返ってこない可能性。これを懸念してしまいました。

    • 7_7__7_ より:

      企業単位ではなく、個人でのあの規模の大口顧客。それもいろいろあってなおファン(?)のような人もついていて発言力がある個人。ズブズブの関係があると考えてもおかしくないですよね……
      ネムは仕方ないにしても、今回の件で他の通貨の売買、送金、出金を止める理由がわかりませんものね。奪われた瞬間に送出金停止にすることで犯人を逃がさないというのならわかりますが、これは送金されたことで判明していることであるし停止にすることでプラスになるのは顧客の資産が他の取引所や銀行に流れないコインチェック側しかありえませんしね。
      現物がないという事態…… さすがに考えたくはありませんね……

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

関連記事はありませんでした

関連コンテンツ

オススメ記事

検索タイトル

サイト内検索はこちら↓

サイト内検索はこちら